車下取り査定価格が安い理由

ディーラーの下取り査定価格はなぜ安いのか?

あなたも、新車を購入する時に何度かディーラーの下取り査定に出した経験こがあると思います。でも昔は車を買い替える時に、今まで乗っていた車を売却するのは下取りしかなかったと思います!下取りが当たり前でしたからね!

 

下取りは、新車を購入する時に今まで乗っていた車の買取価格を新車の価格から差し引いて、その分安く購入できるシステムです。

 

しかし、車を安く買い取る買取専門業者か出てきてから、下取査定価格は安いという、なんか悪いイメージがつてしまったようです。でもなんで下取りは安いのか?

 

それは、下取りした後の経費が価格から差し引かれるからだと言われています。

 

例えば、下取りした車が売れるまでの保管費用やメンテナンス料・店舗の家賃・人件費等・・・
中古車しとして売却するまでには、キレイにしてかないといけないし、けっこう経費が掛かるんですね。

 

その点、買取専門業者は、車を買い取ってらすぐにオークションに出店して売却するので
保管費やメンテナンス費用は一切かからないので、その分買取価格を安く出来るということです。

 

なるほど? なんとなく納得してくれましたか?

 

でも、下取りには下取りの良い点もあります。

 

新車購入と車の売却が同時に出来ることです。
新車が納車されたときに車を引き渡せはいいわけですから楽ですよね。

 

未だに、下取りに出す方が多いというのは、こんな理由もあるんでしょうね?

 

でも、とにかく、車を高く売りたいという方は、オンラインの一括査定をお勧めしますね!

 

 

オンライン車査定ランキング1位 【ズバット車買取比較】

 

 

30万円差がつくオンライン車査定⇒ズバット車買取比較!